フィリピン出張に行ってきました

3月5日から3月9日まで、仕事でフィリピン出張に行ってきました。現地スタッフの皆さんには温かく迎えて頂き、貴重な経験ができたことを有難く思っています。お土産もびっくりするほどたくさん頂きました。今回はその中でも珍しいお菓子をご紹介しようと思います。

フィリピンってどんな国?

自分が仕事で関わることになる前は正直「東南アジアの一国」 「バナナやマンゴーなど果物がおいしい」 程度の認識しかありませんでした。ですが後述するように、バナナやマンゴーだけではないおいしい食べ物が多くあります。

日本からフィリピンまでは飛行機で約5時間。中部のセブ島はリゾートや留学先として近年有名ですが、私は今回北部にある首都マニラに行ってきました。ビジネス面での魅力としては、アジア圏でもとりわけ英語が公用語として国民に浸透していること、海外企業の誘致に積極的で手厚い優遇策があることなどが挙げられます。

2016年にドゥテルテ大統領が就任してからは、その強硬的な政治手法についてメディアで見聞きされている方もいらっしゃると思います。

さて、いよいよお菓子の話をしましょう。

フィリピンのお菓子を紹介します

①Pastillas(パスティリャス)

ミルク味のソフトキャンディーでした。すごく美味しかったです。

②Shing-a-ling(シンガリング)

小麦粉を固く揚げたスナックで、スパイシーな味付けでした。おつまみに◎です。

③Polvoron(ポルヴォロン)

厚み1cmくらいの丸い形のお菓子がたくさん入っていました。口に入れるとホロッとくずれます。こちらもミルク味。

④Nova(ノヴァ)

お菓子大好きな現地スタッフ一押しのチーズスナックです。おいしかった!

⑤そら豆スナック(オニオンガーリック味)

こちらはフィリピンのファミリーマートで私が買った逸品です。フィリピンではなくタイのお菓子なのですが、おいしかったです。やみつき注意。

いかがでしたでしょうか。出張自体は大変なこともままあったものの、食べ物はかなり楽しむことができました。もしフィリピン近辺を訪れる予定のある方は、お気に留めて頂ければ幸いです。

share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする