【渋谷・銀座エリア】アンダーグラウンド・ハードコアな作品に出会えるおすすめ(お気に入り)ギャラリー

私は神奈川県東部の在住歴が長いため、東京の玄関口の中では渋谷がなじみ深いです。

制作のインスピレーションが欲しいときにはギャラリーの展示を調べてふらっと出掛け、そこから足を延ばして表参道・銀座に行くこともあります。

とりわけ私が好んでいるアンダーグラウンドな、又はハードコアなジャンルとなると、取り扱うギャラリーも限られてきます。

今回は過去に足を運んだ展示を思い出しながら、そうしたニッチなジャンルのギャラリーを少しご紹介しようと思います。

渋谷

■ファッションカルチャーの影響が強い、ハードコア界隈の展示が比較的多い

渋谷、特に原宿の近くを歩いていると、小さなアパレルショップでアーティストの作品を展示、なんて風景がわりとしょっちゅう見られます。メンズブランドが多い印象ですね。

また、展示の内容によってはハードコアバンドのメンバーをばったり見かけることも…!ライブハウスが集まる渋谷ならではの光景です。

1. DIESEL ART GALLERY

渋谷でカッコいいアートに出会いたければ、ここに行けば間違いないというくらい私の中では鉄板です。

宮益坂下から神宮前方面に歩いて、DIESEL渋谷店の地下1階に位置し、世界中から様々なジャンルのアーティストを招いて、年4回のアート展を開催しています。

https://www.diesel.co.jp/art/

近年特に印象に残っているのは、Will SweeneyのVorpal Sword展です。
大好きなアーティストの一人、Stephan Doitschinoffも、
2014年のJurema Preta展をきっかけに知りました。

2. RVCA SHIBUYA

原宿キャットストリートに面する「ルーカ」というサーフブランドの店舗2階に、選りすぐりのアートを展示するスペースがあります。

去年訪れたEXCEL Visual Archive展では、これまでに制作されたフライヤーやオリジナルアートワーク、また、EXCELの音楽に影響を受けたアーティストによるトリビュート作品が展示されました。

https://jp.rvca.com/

私はたまたまレセプションパーティーの日に立ち寄り、作品群もさることながら、
名前をよく見聞きするアーティストやバンドメンバー達で賑わう様子に圧倒されました。

銀座

■耽美的、エロティック・グロテスク要素が強い

銀座でアンダーグラウンドというと、真正面から美と向き合い、おぞましいものの中にも美を見出す…そうした作品を多く観られる印象があります。

執筆時点ではまだ未開拓なのですが、エルメスや資生堂といった女性と共に歩んできたブランドが、アートギャラリーを展開している点も特徴的だと思います。

1. ヴァニラ画廊

新橋寄りの銀座八丁目に位置する大好きなギャラリーです。個人的には、DIESELと同じくらい影響を受けていると思います。

特に2014年のINSIDE artzine展では、大好きなアーティストの一人、Seth Siro Antonの作品を直に観ることができ、大雪の日でしたが大興奮しました。

https://www.vanilla-gallery.com/

去年もINSIDE artzine展を開催して下さったので、もちろん訪れています◎
2014年は会場内にSepticfleshのSumerian Daemonsが流れており、最and高でした。

2. アモーレ銀座ギャラリー

先月のグループ展でお世話になりました、有楽町寄りの銀座一丁目に位置するギャラリーです。

私が参加させて頂いたグループ展では、耽美、幻想、エロス、シュールをテーマにした作品が集まり、非常に目を見張るものがありました…!

今後もそうしたテーマの展示開催があれば、ぜひ出展又は訪問させて頂ければと思います。

【展示終了】アモーレ銀座ギャラリー「禁区ーkinkuー」展、ご来廊ありがとうございました!

https://www.art-belladonna.jp/amoreginzagallery

まとめ

やはり素晴らしい作品を観るのは楽しいですね…心が豊かになる気がします。

現在執筆時点で気になっているギャラリー展示や美術館の展示もいくつかありまして、そちらも足を運んで記事として紹介できればと思っています。

初めてギャラリーに足を踏み入れるのはひょっとして勇気がいることかもしれませんが、大丈夫。夏の楽しみの一つとして、いかがでしょうか?

share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする