【生産性向上作戦】生活習慣見直しの中間報告

前回執筆した記事で、「帰宅後生産活動に取り組みたいけど疲れて寝てしまう」という自身の悩みについて原因を分析し、対策を立てました。

仕事から帰ると疲れて寝てしまう―原因と対策

それから一週間が経過しましたので、実際に取り組んでみた所感を中間報告としてまとめます。

1. 進捗管理表の作成

タスクの進捗可視化のため、簡単な管理表を作成しました。

何のひねりもありませんが(笑)目標を毎日意識するためのツールとしては機能してくれていると思います。

とはいえタスクの達成基準はかなりゆるく、できなかったものがあるからといって自分を責めるものでもありません。

ご覧の通り先週13日の金曜日は寝落ちしました。人間生産性だけで生きられるものではないなと痛感します。。

以下は各対策をどのように運用し、取り組んだかについて述べます。

2. 帰宅即お風呂―本当にできたのか?

寝落ちを防ぐため、文字通り帰宅したら即お風呂に入るという対策ですが、、、厳密にいうと「即」は無理でした!爆

なぜなら仕事を終えて帰路につく頃には、疲労が蓄積しお腹がぺこぺこで、私の場合はどうしても一旦休憩(食事)を挟んでからの入浴でないと苦しかったからです。

そのため食後30分後を目安にシャワーを浴びて寝落ちしなければOKという形に解釈し、軽めの食事を心がけました。

初日の8日月曜日はきっちり時間を守っていましたが、日が進むにつれ時間が少しずつ遅れていったので、ルールの最低基準がだんだん「寝落ちしなければOK」というものになりました。

このように柔軟も柔軟な解釈・運用ですが、結果として帰宅後寝落ちせず生産活動に取り組む日を作ることができた、つまり目的を達成したので、自分にとっては大きな進歩だと感じています。

3. 筋トレ・ストレッチ…!?一体何を行ったのか

私は前回の記事で、「継続できなければ意味がないので、寝落ち防止対策としての筋トレを除外する」という旨の文章を書きました(自信がなかったので)。

ですが試しにやってみたものを曲りなりにも継続することができています。超絶シンプルです。

初日の9月8日は、腹筋ローラー×10回、寝転んで下肢を直角に上げたまま(これもそんな完璧じゃないです)10分間持続、前屈・開脚ストレッチを行いました。

現在愛用中の女性用腹筋ローラーです。
取っ手を両手でつかみ、ころころ前に倒れ、腹筋を使って態勢を戻します。
意外に全身バキバキになります。

10日くらいに筋肉痛を起こしたため(よわい)腹筋ローラーは中止し、足上げと柔軟ストレッチのみ継続しました。

いたってシンプルなので音楽を聴いたり(IRON MAIDENとか)SNSを見ながら取り組みました。

結果として、足上げを行った翌朝は脚がスッキリしたので、実感を得ることができました。腹筋にもある程度効いた感触があります。

ストレッチについては、数年前は気が向いたときに取り組んでいましたが、このところ全くやっておらず、身体のメンテナンス不足を反省しました。笑

また、数値や明確な判定基準がなく個人的感想で恐縮なのですが、朝の目覚めが若干良くなった気がします。

筋トレ礼賛をするつもりは全くないものの、悪くもないなと思う次第です。

まとめ

設定した対策を実行することで、解釈・運用を繰り返しながら自身の目標とする生産性の向上につなげることができています。

したがって、今回の問題の原因分析と解決のための対策は、概ね実効性ありと評価できると考えます。

1か月後に再度、対策実践の総括を行います。並行して作品の制作もがんばります!!!!!

share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする